Kurono Chronograph 2
SOLD OUT
ありがとうございます 

KURONO is proud to present the new Kurono Chronograph 2, featuring a more refined and sophisticated design language by Japanese master watchmaker Hajime Asaoka.


A 38mm column-wheel chronograph, the Chronograph 2 takes Hajime-sensei’s art-deco sensibilities to the next level – bringing together the copper, silver, and dark brown color palette of the critically acclaimed Reiwa watch into a multi-layered chronograph dial.


The dial features contrasting layers of gloss black and dark brown as its base, accentuated with a copper tachymeter and silver chronograph scale at its center and circumference respectively.


クロノは誇りをもって、日本のマスターウォッチメーカーである浅岡肇氏による、より優雅で洗練されたデザインランゲージを備えた新しいクロノChronograph 2を発表します。


38mmのコラムホイールクロノグラフであるChronograph 2は、肇先生のアールデコの感性をさらに高いレベルで表現しています。批評家が絶賛する令和ウォッチのカッパー、シルバー、ダークブラウンのカラーパレットを多層的なクロノグラフダイヤルにまとめました。


文字盤は、ベースとしてグロスブラックとダークブラウンの対照的なレイヤーを備え、それが中央にあるカッパーのタキメーターと周囲のシルバーのクロノグラフスケールによって引き立てられています。


The central design feature of the watch is the unusual placement of the tachymeter scale closer to the center of the dial, intersecting with the elapsed time and seconds subdials at ‘3’ and ‘9’ which are finished in a concentric guilloche pattern.


As the subdials are recessed and finished differently, a lot more effort was required to manufacture and align the copper scale to prevent parallax error and ensure accuracy. This results in a higher-than-normal dial rejection ratio compared to previous Kurono watches (except for Grand:Akane).


Polished steel studs that indicate hours are then followed by alternating gloss black or dark brown rings that culminate in a silver chronograph scale at the edge. A high-polish steel surround features a date window in contrasting silver with black numerals. Uniquely designed high-polish subhands in the shape of the traditional Japanese ‘kyudo’ arrow complete the look.


The new chronograph retains the key elements of the high-polished steel case and hands that KURONO is distinctively renowned for - and more importantly - also features the unique box-sapphire watch glass that leverages its higher refractive and magnification performance for enhancement to light-play. 


この時計のデザインの最も大きな特徴は、文字盤の中心に近いタキメータースケールのユニークな配置で、同心円状のギョーシェパターンで仕上げられた「3」と「9」の位置にある経過時間と秒のサブダイヤルと交差しています。


サブダイヤルにはくぼみがあり、仕上がりが異なるため、視差エラーを防ぎ、精度を確保するために、カッパースケールの製造と位置合わせには通常よりもずっと多くの工数が必要でした。これにより、以前のクロノウオッチ(Grand:Akane '茜'を除く)と比較して、不合格になる文字盤の比率が高くなりました。


時間を示すポリッシュ仕上げのスチールスタッドに、光沢のあるブラックまたはダークブラウンのリングが交互に続き、エッジのシルバーのクロノグラフスケールで完結します。光沢のあるスチールの縁取りが、シルバーとブラックの数字を対比させた日付窓を特徴づけています。日本の伝統的な「弓道」の矢の形をしたユニークなデザインの磨き上げられたサブハンドで外観を完成させています。


新しいクロノグラフは、クロノの際立って有名な特徴である、高度に研磨されたスチールケースと針という重要な要素を保持しています。さらに重要な点は、ボックスサファイアの高い屈折率と拡大性能を活用し、光の遊びを強化する独自のウオッチグラスも備えていることです。

Chronograph 2 was designed with light-play in mind - by blending dark dial elements with metallic copper and silver scales, with the high-polish metallic surrounds and hands.


Different levels of ambient light and light sources bring out the different emotions of the watch. When indoors in the morning light, the brown layers portray deep grey undertones with the tachymeter taking an almost reddish hue. At noon in the sun, the center of the dial exudes a rich brown tone with the orange copper and silver tones simply scintillating. At night, the watch becomes almost stealth-like, with the high-polished chrome surrounds, hands, and hour indices taking center stage.


 At '3' and '9' are contrasting elapsed time and seconds subdials respectively, finished in a concentric guilloche pattern, with the elapsed-time subdial at '9' set with a uniquely designed high-polished subhand in the shape of a traditional Japanese 'kyudo' arrow. 


The principles of kyudo archery are sometimes summarised as ‘truth, goodness and beauty’, where truth relates to shooting with a pure mind, goodness to a person’s character, and beauty to gracefulness and the refined etiquette of kyudo.


Chronograph 2は、光の遊びを念頭に置いて設計されました。濃色の文字盤にメタリックなカッパーとシルバーの目盛り、光沢のある金属の縁取りと針をブレンドしています。


さまざまなレベルの周囲光と光源が、時計の異なった表情を引き出します。屋内の朝の光の中で、ブラウンの層から濃いグレーのアンダートーンが現れ、タキメーターはほとんど赤みがかった色合いになります。太陽の輝く正午には、文字盤の中央は、オレンジカッパーとシルバーの色調がただひたすらきらめき、豊かなブラウンの色調を醸し出します。夜になると、時計はまるでこっそりと隠れるかのように、高度に研磨されたクロムの縁取り、針、時間のインデックスがステージの中心になります。


 「3」と「9」の位置にはそれぞれ対照的な経過時間と秒のサブダイヤルがあり、同心円状のギョーシェパターンで仕上げられています。「9」の位置にある経過時間サブダイヤルは、伝統的な日本の「弓道」の矢の形を持つユニークなデザインの高度に研磨されたサブハンドがセットされています。


弓道の原理は、「真実、善、美」と要約されることがあります。真実は純粋な心での射撃、善は人格、美は優雅さと結び付けられ、弓道の洗練されたエチケットを表しています。

CHRONOGRAPH CALIBER NE86A

For the Chronograph 2, Hajime chose the mechanical chronograph caliber NE86A from one of Japan's most esteemed movement manufacturers - positioned by them as its newest flagship chronograph movement and successor to the 6S. 


Touted by the manufacturer as a premium caliber, the 311-part movement combines traditional chronograph features like a column wheel, vertical clutch, and a magic lever winding system - with a unique three-pointed hammer system that starts, stops and resets all three wheels simultaneously. This system allows for all the counters to advance continuously rather than only at one-minute intervals.


Additionally, instead of driving the minute and hour counters from the chronograph seconds wheel, each is driven by a powered wheel with its own clutch. This delivers increased accuracy and longer-term durability. The watch measures 38mm excluding the crown/pushers, and has a power reserve of 45 hours.


Chronograph 2には、日本で最も評価の高いムーブメントメーカーのひとつから機械式クロノグラフキャリバーNE86Aを選びました。これは、そのメーカーの最新フラッグシップクロノグラフムーブメントであり、6Sの後継モデルです。


プレミアムキャリバーとしてメーカーによって宣伝された311個の部品で構成されるムーブメントは、コラムホイール、垂直クラッチ、マジックレバー自動巻きシステムなどの従来のクロノグラフ機能と、3つのホイールすべてを同時に開始、停止、リセットする独自の3点ハンマーシステムを組み合わせています。このシステムでは、すべてのカウンターを1分間隔ではなく連続して進めることができます。


さらに、クロノグラフ秒ホイールから分カウンターと時カウンターを駆動する代わりに、それぞれが独自のクラッチを備えたホイールによって駆動されます。これにより、精度が向上し、長期的な耐久性が得られます。リューズ/プッシャーを除く時計のサイズは38mmで、パワーリザーブは45時間です。


仕様

  • スチールケース、ソリッドケースバック
  • ケース径:38mm
  • 厚さ:13.9mm(サファイアを含む)
  • パワーリザーブ:45時間、自動巻き
  • コンプリケーション:クロノグラフ、日付窓
  • ジュエル:ルビー34石
  • ガラス:高曲率サファイアクリスタル
  • 振動数:28,800bph
  • 防水性:3気圧
  • ストラップ幅(mm):20/16

お届け時期: 3月下旬 (現在日本は送料無料です)
価格:JPY418,000(USD3,993)(税別)
全世界500個限定(日本国内市場を含む)
*2割の在庫はクロノ寄稿者 とJDMのお客様に指定されています。

受け時期は (JDM) 2月20日(土)12:00から

お支払いは一括払いでお願いいたします。また、投機を防ぐため返金不可とさせていただいております。本製品は、アカウント当たり1点限りのご購入とさせていただいております。ご購入される場合、チェックアウトの前にアカウントの登録が必要になります。日本国内にお住まいで、配送先住所が日本国内にある場合のみご利用いただけます。同じ宛先への複数の注文やお客様以外の宛先への注文はお断りさせていただいております。クロノは、不正注文を取り消す権利を有します。日本への配送は、2021年5月初旬から開始予定です。


SPECIFICATIONS

  • Japan-made mechanical automatic movement
  • 316L high-polished 38mm stainless steel case 
  • Solid caseback
  • Case diameter: 38mm
  • Thickness: 13.9mm incl sapphire
  • Power reserve: 45 hours, self-winding
  • Complications: Chronograph, date window
  • Jewels: 34 rubies
  • Glass: High-curvature sapphire crystal
  •  Frequency: 28,800bph
  • Water resistance: 3 ATM
  • Strap widths (mm): 20/16
  • Made in Japan

Delivery: End-March to June 2021 (Starting from Public Tier)
Price: JPY418,000 / USD3,993 excluding applicable taxes (50% pre-order deposit)

Limited to 500 pieces worldwide (Including Japanese Domestic Market)
*20% of stock will be reserved for JDM and Kurono Contributors 

SOLD OUT
ありがとうございます